--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2018.03.08 14:41|活動報告
2月25日(日)10:00〜15:00
サンウェル沼津にて定例会を行ないました。

参加者7名
見学者2名
支援者2名

会員同士の近況を報告しあったり、お金の使い方などについて皆で楽しくおしゃべりしました。
スポンサーサイト
2018.02.15 15:41|活動報告
2月4日10:00~12:00 富士フィランセ福祉体験室にて、おしゃべり会が行われました。

進学、進級についての楽しみな気持ちや、気がかりなことについてのお話で盛り上がりました。
既に経験した方や、オブザーバーの先生からの具体的なアドバイスがいただけたので
不安な気持ちが少しは解消されたのではないでしょうか。

春は別れと出会いの季節。
変化の苦手な子どもたちにとっては大変な時期でもありますが
皆で知恵を併せて乗り越えていきたいですね。

次回のおしゃべり会は 2月25日(日)にサンウェル沼津にて
10:00~14:00を予定しています。

現会員につきましては、継続の手続きもあります。
皆様のご参加をお待ちしております。
会員外の方は事前にご連絡いただけると幸いです。
2017.12.12 16:29|活動報告
12月9日富士フィランセにて、きんもくせいも実行委員として関わった
富士市障害者週間記念事業実行委員会主催の
障害者週間記念の関連イベントが開催されました。

講演会「発達障害って知ってる?~僕も私も凸凹(でこぼこ)だ~」では
講師の広野ゆいさんが当事者として、母親として発達障がいについて
分かりやすくお話しくださいました。
当事者だからこその説得力のあるお話に、皆さん傾聴しておりました。
特に「発達障がいで良かったと思えることが本当の受容だ」と
仰っていたことが大変印象深かったです。

講演会の後は、シンポジウム「笑顔が見つかる これが私の子育てだ」が開催されました。
シンポジストとして、広野ゆいさん、佐野譲さん(発達ネット代表)、
川口尚子さん(きんもくせいの会代表)、井出正則さん(こども家庭課職員)が壇上に上がり
それぞれの想いをお話しくださいました。

「障がいとは何か」という参加者である当事者の問いに対して
障がいとは社会が作るもの、社会との障壁である
障がいと言う言葉のイメージを変えたい
個の特性を生かし、配慮のできる世の中になることが大事
このように、シンポジストの皆さんが口をそろえて仰っていました。

そのような世の中になるよう、今後もきんもくせいは活動を続けていきます。

2017.12.04 22:22|活動報告
12月3日に、富士フィランセ2階調理実習室にて
おしゃべり会&クリスマス会が開催されました。

おしゃべりしながら、工作(鉛筆ホルダー作り)をしたり、



パフェや白玉入りぜんざい、グミキャンディを作ったり





お菓子釣りをしたり。あみだくじで景品ゲットしたり。

お腹もいっぱい、楽しいこともいっぱいの1日になりました。

多少泣いたりはしゃぎすぎても、みんな「わかってる」仲間だから、安心して過ごせたのではないでしょうか。

これからイベントもたくさんだけれど、病気も流行る季節。
みんな体に気を付けて元気で過ごしてくださいね。


2017.11.11 08:28|活動報告
防災についての勉強会&防災食の試食会でした。



障害のある人のための避難所の確保なども少しずつ進んできてはいますが、極限状態では避難所の運営自体が厳しいそうです。避難所は自宅が崩壊して自宅で過ごせない人の行く場所なので、普段から自宅で過ごせるように防災対策をしておくこと。地域にこういう特性がある人がいるんだという周知があれば、トラブルが回避できるということを教わりました。

食料品も敢えて防災食をそろえなくても、1週間は備蓄をして、在庫の古いものから食べて補充するというローリングストックをするようにというお話でした。日頃から子どもの障害について隠さないで防災訓練などにも積極的に参加させた方が良いということでした。

防災食の試食会では、色んな種類、作り方の防災食に皆さん興味津々でした。ローリングストックが基本ですが、防災食は賞味期限が長いので、いくつか買っておくと良いですね。



もしものための備え、皆さんもこの機会になさってくださいね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。