スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

障害者週間記念の関連イベントのご報告

2017.12.12 16:29|活動報告
12月9日富士フィランセにて、きんもくせいも実行委員として関わった
富士市障害者週間記念事業実行委員会主催の
障害者週間記念の関連イベントが開催されました。

講演会「発達障害って知ってる?~僕も私も凸凹(でこぼこ)だ~」では
講師の広野ゆいさんが当事者として、母親として発達障がいについて
分かりやすくお話しくださいました。
当事者だからこその説得力のあるお話に、皆さん傾聴しておりました。
特に「発達障がいで良かったと思えることが本当の受容だ」と
仰っていたことが大変印象深かったです。

講演会の後は、シンポジウム「笑顔が見つかる これが私の子育てだ」が開催されました。
シンポジストとして、広野ゆいさん、佐野譲さん(発達ネット代表)、
川口尚子さん(きんもくせいの会代表)、井出正則さん(こども家庭課職員)が壇上に上がり
それぞれの想いをお話しくださいました。

「障がいとは何か」という参加者である当事者の問いに対して
障がいとは社会が作るもの、社会との障壁である
障がいと言う言葉のイメージを変えたい
個の特性を生かし、配慮のできる世の中になることが大事
このように、シンポジストの皆さんが口をそろえて仰っていました。

そのような世の中になるよう、今後もきんもくせいは活動を続けていきます。

スポンサーサイト

コメント:

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。